最新防犯グッズ(隠し小型カメラ)の専門店!

キーレス型カメラの使い方(匠ブランド Argusの場合)

キーレス型カメラ Argus ボタンと各部名称

このページでは赤外線ライトが搭載されたキーレス型カメラ 匠ブランド Argus(アーガス)を例にキーレス型カメラの使い方を説明します。このキーレス型カメラは、通常の写真撮影と動画撮影にプラスして赤外線ライトを使用し暗闇でも撮影できる機能をはじめ動きを感知して作動する動体検知機能やボイスレコーダーとしての録音機能、Webカメラとしての外部カメラ機能、他にも振動で知らせるバイブレーション機能や外部電源機能、テレビ接続機能が付いています。

使用前の準備と確認事項

必ずMicro SDカードのセット+充電を行ってください。両方行わないと動作しません。

充電

1. (A)本体電源スイッチをOFFにして本体とACアダプターまたはPCとのUSBケーブルの接続にて行います。
2. 充電が開始されるとステータスランプが点滅します。
※フル充電には2時間くらい掛けてください。

使い方・操作手順

電源操作

※動作の前には必ずMicro SDメモリカードをセットしてください。
1. 電源ON: (A)電源/撮影ボタンを長押し(約2秒)すると、ステータスランプが赤色点灯(バイブレーション1回)→紫色点灯→赤色点灯(バイブレーション1回)して録画待機状態になります。
※待機状態になるまではシステム起動中です。起動中の操作はできません。
2. 電源OFF:(A)電源/撮影ボタンを長押し(約2秒)すると、ランプが数回点滅してOFFになります。
3. オートオフ:待機状態で1分間何もしないでいると、自動的に電源がOFFになります。

AC電源動作(外部電源利用)

ACアダプターに接続して充電している状態で(B)モード切替ボタンを長押し(約3秒)すると、バイブレーションが1回動作し、充電しながらの各種撮影動作が可能です。

動画撮影機能(録画モード)

※撮影は被写体から50cm以上離してください。
※メモリが一杯になると録画できません。

1. 電源オン後の待機状態で(A)電源/撮影ボタンを押すとバイブレーションが1回動作し、ステータスランプが赤色点滅して録画が開始されます。(録画中も点滅を続けます)
2. 録画中に再び(A)電源/撮影ボタンを1回押すとバイブレーションが1回動作し録画を停止し、録画待機状態になります。

動体検知録画

※撮影は被写体から50cm以上離してください。
※メモリが一杯になると録画できません。

1. 電源オン後の待機状態で(B)モード切替ボタンをゆっくり3回押すと、バイブレーションが押すごとに動作し、ステータスランプが紫色→青点滅をくりかえして検知が開始されます。(検知中点滅を続けます)
2. 検知中に反応があると、紫色点滅に変わり自動的に録画を始めます。(録画中も点滅を続けます)
3. 動体検知は一定時間動きを感知するごとに録画・待機を繰り返します。
4. 動体検知録画を中止するには(B)モード切替ボタンで他のモードへ移行してください。

静止画撮影機能(写真モード)

※撮影は被写体から50cm以上離してください。
※メモリが一杯になると録画できません。

1. 電源オン後の待機状態で(B)モード切替ボタンをゆっくり1回押すとバイブレーションが1回動作しステータスランプが青色点灯して写真待機状態になります。
2. (A)電源/撮影ボタンを押すとバイブレーションが1回動作し写真撮影を行います。

ボイスレコーダー

※メモリが一杯になると録音できません。
1. 電源オン後の待機状態で(B)モード切替ボタンをゆっくり2回押すとバイブレーションが押すごとに動作し、ステータスランプが紫色点灯して録音待機状態になります。
2. 待機状態で(A)電源/撮影ボタンを押すとバイブレーションが1回動作しステータスランプが紫色→青点滅をくりかえし、録音が始まります。 (録音中も点滅を続けます。)
3. 録音中に再び(A)電源/撮影ボタンを押すとバイブレーションが1回動作し、待機状態になります。

赤外線ライト

赤外線ライトの有効範囲は1m以内です。
1. 各撮影モードの待機状態で(C)赤外線ライト照射ボタンを長押し(約3秒)すると、バイブレーションが2回動作し、赤外線を照射します。
2. 再度(C)赤外線ライト照射ボタンを長押し(約3秒)すると、バイブレーションが2回動作し、赤外線の照射を停止します。
※赤外線は肉眼では見えませんが、 携帯電話などのカメラを通して確認できる場合があります。
※長時間照射すると、本体が発熱する場合があります。詳しくは「使用上のご注意」をお読みください。

パソコンとの接続方法

Windows8では、「デスクトップ」画面で接続してください。
1. 電源オフまたは待機状態で、カメラ本体のUSB端子に付属のUSBケーブルを接続し、もう片方をPCのUSBポートに差し込みます。しばらくすると認識されます。
2. 取り外すときは、「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンをクリックし「‘USB大容量記憶装置’はコンピュータから安全に取り外すことができます。」と表示されてから外してください。

表示日時の設定

※非表示にできるのは動画だけです。
例:2013年5月25日 16時30分00秒に設定の場合
1. 下記のようなテキストファイル(メモ帳でも作成可能)をPCで作成します。(すべて半角)
2. 20130525163000 Y
3. timerset.txtというファイル名で保存します。 末尾のYをNに替えると動画のみ非表示可能です。
4. 本体をPCに接続して、USBディスク(カメラ本体)の最上位ルートにtimerset.txtを保存します。
5. 本体をパソコンから取り外し、リセット(電源OFFで再度電源をON)して設定完了です。
上記以外に、簡単に時刻設定ができるツールを下記URLのサポートページよりダウンロードできます。
http://www.takumi-brand.com/

WEBカメラ

※WEBカメラアプリケーションはご自分で用意してください。
【事前準備】上記サイトの本製品ページ「ドライバダウンロード」からダウンロードします。
STK03N.exeをクリック →ドライバーがインストールされます。
1. 各待機状態で、本体にUSBケーブルをつなぎ、(B)モード切替ボタンを押しながらPCのUSBポートに差し込みます。2. お持ちのWEBカメラアプリケーションを開くとWEBカメラとして認識します。

テレビとの接続

※撮影のみ可能です。再生や削除はできません。
【事前準備】コンポジット映像入力端子(黄色)のあるテレビと、本製品付属のUSBケーブルの黄色いコンポジット出力端子を接続し、テレビの表示をビデオ入力にします。
1. (A)電源/撮影ボタンを長押しで、電源をオンにします。
2. カメラレンズの視野がテレビに表示されます。
3. (B)モード切替ボタンでモードを選び、撮影します。
※ファイルの再生や削除はできません。

キーレス型カメラの使い方のまとめ

匠ブランド Argus(アーガス)を例にキーレス型カメラの使い方を説明しましたが、一般的なキーレス型カメラは本体部分の操作ボタンで操作します。一部の機種では他の位置にボタンがある場合もありますので購入したカメラの取説を確認下さい。キーレス型カメラは撮影画像を確認する液晶モニターがついていませんから撮影した内容をその場で確認することができません。他のページにも書いてますが小型カメラの中ではキーレス型カメラは操作が簡単な方ですが、始めてキーレス型カメラを購入する方は使い方をマスターする為には何度か撮影の練習をしてパソコンで想定した被写体が映っているか確認する必要があります。

赤外線ライトが付いたキーレス型ビデオカメラ

暗視補正機能が付いたキーレス型ビデオカメラ

操作が簡単で機能も豊富なキーレス型カメラの一覧はコチラ

小型カメラの操作方法(例)

カートを見るボタン
小型カメラご来店ありがとうございます。こちらのサイトは小型カメラ通販の専門サイトです。普段使っている身近なものにマイクロCCDカメラを内蔵した小型カメラを多数取り揃えております。お買い上げ金額8000円以上は送料無料でのお届けです。尚、配送伝票【外箱】には商品名を記載しておりません 受け取り時もご安心ください。

小型カメラ関連グッズ

小型カメラのブランド