最新防犯グッズ(隠し小型カメラ)の専門店!

腕時計型カメラの使い方(匠ブランド Patriotの場合)

腕時計型カメラ Patriot ボタンと各部名称

このページでは赤外線ライトがついた腕時計型カメラ 匠ブランド Patriot(パトリオット)を例に腕時計型カメラの使い方を説明します。この腕時計型カメラは、通常の写真撮影と動画撮影にプラスして赤外線ライトを使用し暗闇でも撮影できる機能やボイスレコーダーとしての録音機能、Webカメラとしての外部カメラ機能が付いています。

使用前の準備と確認事項

AボタンONでステータスランプが点滅し続ける場合は充電を行ってください。またはメモリの中身がいっぱいになっていないかご確認ください。

充電

1. 電源をOFFにして本体とAC充電コネクタまたはPCとのUSBケーブルの接続にて行います。
※故障を防ぐ為に、本体にUSBケーブルを接続してからACコネクタやPCに接続してください。
2. およそ2時間ほどでフル充電となります。

使い方・操作手順

電源操作

電源ON→起動後は自動的に録画が始まる仕様になっています。
1. Aボタンを長押し(2秒程度)すると、ステータスランプが赤青同時点灯になり、青色に3回点滅し録画が始まります。
2. Aボタンをゆっくり2回押すと待機状態になります。
3. 電源ONの状態でAボタンを長押しすると赤ランプが点滅後消灯し、電源がOFFになります。

動画撮影機能(録画モード)

1. 電源投入時:Aボタンを長押し(2秒程度)すると、ステータスランプが赤青同時点灯になり、青色に3回点滅し録画が始まります。(録画中は消灯)
2. 待機時 :Bボタンでモード移行し、ステータスランプが青色点灯している状態でAボタンを1回押すと、青色に3回点滅し録画が始まります。(録画中は消灯)
3. Aボタンをゆっくり2回押すと青ランプが点灯し、待機状態になります。

静止画撮影機能(写真モード)

1. Bボタンでモード移行し、ステータスランプが赤色点灯している待機状態でAボタンを1回押すと1枚撮影します。
2. 1枚撮影するたびにステータスランプが赤色にゆっくり点滅し、ファイルを保存します。

録音機能 録音モード

1. Bボタンでモード移行し、ステータスランプが赤青同時点灯している待機状態でAボタンを1回押すと録音が始まります。(録音中は点滅)
2. Aボタンを1回押すとステータスランプが赤青同時点灯し、待機状態になります。

赤外線ライト

録画モード、写真モードでBボタンを長押しすると赤外線ライトから赤外線が照射されます。
赤外線ライトの発光確認:
赤外線は肉眼では見えませんが、携帯電話などのカメラレンズを通して確認できる場合があります。
※長時間照射すると、本体が発熱する場合があります。詳しくは「使用上のご注意」お読みください。

動画・静止画・音声をパソコンで確認する PCとの接続

1. Aボタンを長押ししてOFFにします。
2. 本体にUSBケーブルを接続します。
3. PCのUSBポートに差し込みます。(使用状況によりメモリの認識に時間が掛かる場合があります)
4. 取り外すときは、「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンをクリックし「‘USB大容量記憶装置’はコンピュータから安全に取り外すことができます。」と表示されてから外してください。

WEBカメラ機能

【事前準備】http://www.takumi-brand.com/ の本製品ページ「ドライバダウンロード」からダウンロードします。setup.exeをクリック →STK03Nというドライバーがインストールされます。
1. Aボタンを長押ししてOFFにします。
2. 本体にUSBケーブルを接続します。
3. Aボタンを長押ししてONにします。
4. 電源がオンのまま、PCのUSBポートに差し込みます。
5. お持ちのWEBカメラアプリケーションを開くとWEBカメラとして認識します。

表示日時の設定

例:2011年6月8日 17時43分20秒に設定の場合
1. 下記のようなテキストファイル(メモ帳)をPCで作成します。(すべて半角)
2011-06-08 17:43:20
※末尾にNを加えると日付表示が消えます。
time.txtというファイル名で保存します。
2. カメラ本体をPCに接続して、USBディスク(カメラ本体)の最上位ルートにtime.txtを保存します。
3. カメラ本体をパソコンから取り外し、リセット(電源OFFで再度電源をON)して設定完了です
※time.txtは、http://www.takumi-brand.com/ の本製品ページ「ドライバダウンロード」から入手できます。

リセット

操作中に不具合が起きた場合は、AボタンとBボタンの同時押しで、リセットをすることができます。

腕時計型カメラの使い方のまとめ

匠ブランド Patriot(パトリオット)を例に腕時計型カメラの使い方を説明しましたが、一般的な腕時計型カメラは側面のAボタンとBボタンの2つで操作します。一部の機種では他のボタンを使う場合もありますので購入したカメラの取説を確認下さい。大半の腕時計カメラは液晶モニターがついていませんから撮影した内容をその場で確認することができません。始めて腕時計型カメラを購入する方は使い方をマスターする為には何度か撮影の練習をしてパソコンで想定した被写体が映っているか確認する必要があります。

赤外線ライトが付いた腕時計型ビデオカメラ

暗視補正機能が付いた腕時計型ビデオカメラ

普段から身につけていて直ぐに撮影できる腕時計型カメラの一覧はコチラ

小型カメラの操作方法(例)

カートを見るボタン
小型カメラご来店ありがとうございます。こちらのサイトは小型カメラ通販の専門サイトです。普段使っている身近なものにマイクロCCDカメラを内蔵した小型カメラを多数取り揃えております。お買い上げ金額8000円以上は送料無料でのお届けです。尚、配送伝票【外箱】には商品名を記載しておりません 受け取り時もご安心ください。

小型カメラ関連グッズ

小型カメラのブランド